パニック障害 旅に出る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにこの時が・・


 十二日目   4月12日(土)

 この日の予定は
 ムイネーを出発し、ホーチミンに行き、メコン川の街・カントーに移動の予定。

 移動移動で疲れないかしらと心配しつつも、「ベトナム来たならメコン川だろ!」って
 いう旅の心に刺激されいざ、出発

 ムイネーからホーチミンまでバスで5時間。
 バスの移動の定番、「頓服&寝る」で過ごすことに。
 
 しかし、半分過ぎたころやって来ました。
 発作さんのお出ましです。
 
 寝ようとしたけれど、まったく寝られない・・・目が途中で覚めてしまう・・・
 しまいにはバス酔いかで気持ち悪くなってくる・・・
 これはヤバイと思い、2回目の頓服。そして、寝てみる・・

 まったくダメ・・   気持ち悪いし、胸がドキドキして、体が震えてくる・・
 ヤバイです

 でも、意識は平静を保っていたので、彼にしがみつき、なんとか耐えたのですが、
 ホーチミンに着き、バスを降りようとした時、倒れてしまいました。。

 バス会社の人達が私の事をとても心配してくれ、
 「オフィスで休んでいきなさい」とすすめてもらい休んでいたら、
 スタッフの1人が黒いなぞの液体が入った小さな小瓶を持ってきてくれました。
 黒い薬

 彼が「これをこめかみにぬれ」と言うのでさっそく試してみると・・
 スーっとして気持ちがよくなかなかよかったです。
 しかも、そのなぞの液体、私のために買ってきてくれたらしく、私にくれたのです!
 

 彼が私の体調を考慮し、メコン川の街には行くのをやめ、ホーチミンでゆっくりする
 事にしました。
 
 宿さがしの時、彼は2人分の大きいバックパックと私のお土産&荷物を持ち、
 私の手を引いて私の事を気遣いながら、探してくれました。

 しかも夜も宿で発作が起きたのです。
 移動で疲れたのでしょうか?悪い夢も見ていたし、心身共に疲れていたんでしょうね。

 メコン川の街には行けませんでしたが、彼のやさしさ、そしてベトナムの人達のやさしさ
 をいっぱいいっぱい受けられてとても幸せな日でした。


 ちなみに、この日のベトナムからの日記もあります。(かなりかぶってますが・・)
 読んでみてください。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ

スポンサーサイト

悪くてイヤな夢・・

 この旅行9~11日目あたりから夜、嫌な夢を見たりして何度も目が覚めたり、
 寝つきが悪くなってきました。。

 現実的ではないけどものすごーーいリアルな夢を見るのです。。
 たとえば・・
 会社で仕事をしていて会社の人達からすごい責められたり、怒られたりする夢
 家族や友達、彼からイヤな事を言われたり、ケンカをしている夢
 
 あくまで夢であって本当のみんなはやさしくて怒ったり、ケンカはしないのですが、
 夢が本当にリアル!!場所だっていつも私がいる場所が出てきます。

 以前はストレスがたまったりするとイヤな夢を見る事が多かったのですが、
 旅行中だからストレスなんてないはずなのに・・

 やっぱり気が付かないところでストレスってたまるんでしょうかね?

 あと、旅行に行く数週間前は旅行のことばかり考えていて、仕事が大変でもへっちゃら
 だったし、旅行に出発した時も、これからの事が楽しみでしょうがなかったけど、
 旅行10日目あたりをすぎるともう「日本に帰る=旅行が終わる」という現実が近くなり
 無意識の中にその「現実感」が強くなって自分で自分にイヤな夢を見させていたの
 でしょうか・・

 ともかく、このへんの旅行中の夜は辛かったです。
 でも、旅行中の体調管理は大切にしたいので睡眠はきちんと取りたいので
 眠り薬(睡眠剤の事を私はこう呼んでいます)の力をちょっぴりかりて寝ていました。

 でもまだ11日目を過ぎたこの旅行中やばい発作は出ていません。

 それにしても無意識の中の意識って怖い!

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ

セレブなホリディ☆

 十一日目   4月11日(金)

 今日もムイネーでゆっくりです♪
 今日は海へ入ったり、宿でハンモックに揺られのんびりすごしました
 
 おやど

 私達の泊まったお宿はこんな感じ♪左側はバンガロー風になっています。
 奥に行くと海が広がります。
 そしてこの宿のアイドル!!
わんこ   とり

 わんこととりさん!
 わんこはまだ子犬で人懐っこくて好奇心旺盛なとってもかわいい子
 でも、甘噛みしてくるので大注意!!いくらかわいくても病気にはなりたくないもん・・
 とりさんは2羽いました。きれいな声で鳴くんです。気のせいか「おはよ~」って言ってた
 かも・・
 とにかくこのお宿安いのに居心地良くてとても癒されました

 そして、この日のもう一つの癒され事・・それはスパ&マッサージ
 ここムイネーはリゾート地なのでスパやマッサージが多いんです。
 じぁやるしかないって事で彼を宿に残し行ってきました♪

 私が行ったのは南国風の一軒家。外にプールがあり、海が見えます。
 受けたのはストーンスパ(暖かい石でマッサージ)&アロママッサージコース
 90分でな、な、なんと!!22ドル(約2300円)!!!
 日本じゃ余裕で1万円越えですよ。物価安最高!!

 内容も日本と変わらないし、大満足でした  癒された~~
 
 でも、一つ難点が・・部屋は薄暗く間接照明でいい雰囲気、うすいカーテンで区切られて
 いるのですが、しかし男女同室!!
 バスタオル一枚で通路で男の人とすれ違ったりもしばしば・・
 まぁ日本じゃないし私はあまり気にはしません。二度と会わないだろうしね。
 気になる人は前もってチェックをお勧めしておきます。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へにほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

メキシコ in ベトナム

 十日目   4月10日(木)

 今日一日ムイネーでのーーーんびりでした。
 午前中ゆっくりおきてゆっくり朝ごはん♪
 のーんびり街中探索しようとした途端・・

 腹痛!!超激痛!!!
 生理痛のような痛みがしてきて辛かったです・・
 もともと生理痛が酷いので薬を持ってきてて助かった
 
 薬を飲んでベットで泣きながら痛みに耐えていたらそのまま寝てしまったみたいで
 起きたらお昼をとっくに過ぎてました。

 体調も落ち着きお昼ゴハン!
 今日はなんと・・
タコス

 タコス!!!
 メキシコ料理屋さんがあったのでいってみました♪
 ベトナムまで来てメキシコ料理かよ!ってかんじですけど、長くいると
 さすがにゴハンに飽きてくるんですよね・・

 これおいしかった~~♪♪
 でも、暑い国にレタスがあるなんてビックリ!!この旅初めてレタスを食べました!!
 レタスって暑いところじゃ育たないですよね??
 すごいな。お店の本気を感じました!

 あとはのんびりバイクでツーリング♪
 ベトナムは日本とは反対車線なので慣れないと怖いのですが、
 ムイネーはこの長い長い一本道がメインの道。
 muine-.jpg

 だから安心してバイクを運転できます♪
 というか、ベトナムって国際免許なしでバイクに乗っていいのですかね??
 誰か知ってますか?
 わからないけど、とりあえずバイク屋さんが貸してくれたのでOKって事で・・
 
 もちろんバイタクという職業があるくらいなので2人乗りは大丈夫。
 というか、ベトナムの人は3,4人乗りは当たり前です。。
 サーカスみたいでちょっとおもしろいですよ
 ちなみにバイクの事「ホンダ」って呼ぶんです!! さすが世界の日本!!
 
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へにほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ 

仁義なき女の戦い

 九日目   4月9日(水)

 今日はホーチミンからバスで6時間ほどのムイネーという街にきました。
 一言でいうとリゾート!!
 青い海と高級ホテル・シーフードレストランが立ち並びのんびりとホリデーを
 過ごすには良い場所です。

 この日もバスの中はずーーーっと寝ていたためなんとかクリアー!
 
 そしてバイクで赤の砂丘と呼ばれるところへ夕日を見に行きました。
 初めて砂丘に行ったんですがあれすごいですね!
 砂漠ですよ!すごいきれい!!砂が赤くてさらさらしていて・・
 そして後を振り返ると青い海が広がります。不思議な景色・・
 sabaku.jpg

 ちなみに、丘すべりができるらしくプラスティックの板を持った子供達が
 「レンタルしろ」といっぱい寄ってきました・・(いわゆる物売りの子達ですね)
 
 子供達をかわしながらてっぺんの方へ・・
 そして夕日が静かに沈んでいきました。。
 sabaku2.jpg

 ベトナムでこういう風景に出会えるとは思っていなかったのでただただ感動・・
 夕日も沈み、砂丘の入り口のカフェ(食堂?)でベトナムコーヒーを飲み休憩。
 
 さてお会計となった時、困ったことがおきました。
 カフェのお母さんが英語が話せないのでお金の金額が分からないのです。
 お母さんは英語ができない。私たちはベトナム語ができない。。さぁ困った!
 お母さんは先ほどの物売りの少女(14,5歳くらい?)を連れて通訳させました。
 するとその少女「50,000ドン(約350円)」というのです。
 
 ホーチミンでベトナムコーヒーを飲んだ時、二人で14,000ドン(約100円)でした。
 という事は約3.5倍!
 それはないでしょ。。
 
 びっくりした私達。彼が必死に高い事とホーチミンの時の値段の事を少女に伝え
 値引きをしています。
 しかし何をいっても「NO!!」 彼の言い値の金額だけ渡しても受け取りません!
 さらに同じ年ぐらいの少女が1人増え大モメ・・・
 ベトナムの女の人はすっごいすっごい強いんです
 
 だけども日本の女だってだまっちゃいませんよ!!
 最初は彼にまかせて遠くから楽しんで(!?)見てましたが、このままじゃらちがあかないので
 助けることに。
 幸い隣に同じような食堂があったのでそこに行き事情を話してお店のメニューを
 見せてもらいました。
 すると二人で21,000ドン(約150円)で済むじゃありませんか。
 完全にぼったくろうとしています

 その少女達に隣のメニューの話をしました。
 すると「それはウソだ!」と言いはじめ、少女達ヒートアップ!!!
 すごい剣幕ではやく払えとかなんとかいろいろ言ってきます。。
 
 「ウソ」なんか言われて「はい、そうです」なんておとなしく言えるほど
 私は人間できてはいませんよ。
 
 隣のお店からメニューを借りてきて少女達の目の前に突き出してやりました。
 
 するとメニューの中の紅茶(紅茶は1杯20,000ドンくらい)を指差し、
 「ほらこれぐらいするじゃない」とかなんとか・・
 これでもしらを切るか!ベトナム少女おそるべし・・・
 いや負けられない!日本の女だって強いところを見せないと!
 私は彼女達に「これは紅茶でしょ?私たちはベトナムコーヒーを飲んだの!
 2つ足してごらんなさい。21,000ドンでいいでしょ?」 と一言。
 
 日本の女の勝ちです
 やりましたよ!日本の女性陣!
 なんとか日本の女の面子を保ちましたよ!そして大人としての面子も!!
 
 おそらくカフェのお母さんは普通の金額を言ったけど、通訳した少女が高く金額を
 言ったのだと思います。
 
 外国人相手に物売りしていたら外国人がどれだけお金持ってるか知ってるはずだし。
 という事は自分達がどれだけお金を持っていないかも知っていると思うんです。

 同じ時代なのに生まれた国が違うだけでこんなにも差が出るなんて悲しいですよね。
 そしてその事実を子供が知っているのがとても悲しいです。
 子供は生まれる場所・親を選べないし、そこから抜け出す力もないのですから・・
 
 だからお金を持っている人からお金を貰おうという考えはあながち間違って
 はいないと思います。だから今回のもしょうがないかと。。
 
 でも、子供の時から人をだまして楽にお金を手に入れるって事を知ったら
 いけないと思うんですよ。こういう子供が大人になったらと考えると・・・
 
 150円が相場の物を350円と言われたからイヤで払わなかった訳ではなく、
 彼女達が人をだましてお金を取ろうとしているのがどうしてもイヤで払わなかったんです。
 恥ずかしいほど大人気なくベトナム少女達とケンカしてきましたが、
 「簡単に人はだませない」というのが彼女達の頭の隅に入ってくれたらうれしいです。 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へにほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。