パニック障害 旅に出る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気スターと修行僧

 四日目   4月4日(金) 

 今日はプノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップへ移動します!
 バスで約6時間の移動です。
 
 この移動もただひたすら寝てました・・・
 無事シェムリアップに到着!
 カーテンを開けてみると・・・
 
 ものすごい数の子供&おじさん!!!!
 しかも、ものすっっごいこっち見てる・・・・


 そうです彼らは物売り・物乞い・トゥクトゥクの客引きの人たち。。
 
 バスから降りてないのにすでに私たちに何か話しかけてる様子・・
 いや、聞こえないって。。手を差し出してもムリだって。。。
 「バス降りたくない・・」 一瞬にして私達が思ったことです。
 しかし、勇気を出してバスを降りた瞬間!!!
 
 物乞いの子供:「ワンダラー、ワンダラー(1ドルちょうだい)」
 トゥクトゥクのおじさん:「トゥクトゥク、トゥクトゥク」
 物売りの子供&大人:「ウォーター、ウォーター」・「フルーツ、フルーツ」
 
 いっせいにバスに乗っていたお客さん(私たちも)に群がってくる!!
 イメージ的には超人気スターとかがファンにもみくちゃにされてる、あの感じです・・
 やっとバスが終わったのにこの人の多さ・・私には辛すぎる!!
 バスから荷物を降ろすのを彼にまかせ、私は少し離れたところへ避難!
 だけど、みんな寄ってくる寄ってくる。
 最初は首を横に振ったり、英語で返してたのですが、みんなしつこくてついに・・・
 日本語で一言「いらない!」って言ってみました。
 すると、みんなビックリして私の前を去っていくではないですか!すごい!私もビックリ!
 これ、おすすめです
 
 そして、日本語が少しできる28才バツイチ子持ちのお兄さんのトゥクトゥクに乗り
 宿へ・・
 このお兄さん、独学で日本語の勉強しているそうです。すごいですよね。 
 ちなみに、元奥さんには「全然お金をもってない」って理由でふられてしまったそうです
 どこの国でも一緒ですね・・・
 
 トゥクトゥクとはバイクの後ろにイスが付いたタクシーです。アジアでは一般的ですね。
 tukutuku.jpg

 
 夕方、お兄さんにアンコールワットに連れて行ってもらい、夕日を見にいきました
 しかし、残念ながら曇のため夕日は見れず。。
  
 その後、お兄さんおすすめのカンボジア民族舞踊のショーが見られる
 レストランへ。
 ご飯はバイキング形式。日本人のツアーの人達も多かったので、もしかしたら有名な所
 かも。
 ここでは王宮舞踊のアプサラ(天女)ダンスなどを楽しんできました♪
 odori.jpg
 踊っている女の人や衣装がとてもキレイで感激
 
 そして、宿へ・・
 一日の疲れを取るためシャワーを浴びた瞬間!!
 「ギャーーーー!!!!」
 シャワーが真水!!!

 今回の宿の部屋、彼が見に行ったんです。彼はホットシャワーか確認しなかったみたい。。
 男はいいだろうけどさぁ~~女の子にはキツイ!!
 
 いくら暑い土地柄だって真水は浴びれたもんじゃない!!
 修行僧の気分ですよ。邪念も吹っ飛びます・・
 
 私は浴びれず濡らしたタオルで体を拭き、髪の毛は洗面所で洗い、
 この部屋を選んだ彼はもちろん修行僧になりきり邪念を吹っ飛ばしてました。
 
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へにほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごいですね!!

はじめまして。*mihoと申します。

私もパニック障害です。
もう付き合い始めて10年近くになりますが、
海外旅行は私も勇気を振り絞りながら行っています。
バックパッカーをしてきただなんてすごいですね!
日記を読んでいたら、
私もどこにでも行ける気がしてきました♪

食べ物の写真もすごく美味しそう♪
よかったらまた遊びに来させてください。
旅話の続きを聞きたいです。

*miho | URL | 2008年05月02日(Fri)22:30 [EDIT]


はじめまして

 *mihoさんへ
 
 コメントありがとうございます☆
 海外旅行行かれるんですね。
 それだけで十分すごい事ですよ!
 
 私も今回の旅行、ありったけの勇気を絞って行ってき ましたv-356
 お互いもっといろいろな所に行ける勇気を持てるよう
 になるといいですね♪
 
 ぜひ、また遊びにきてください!
  
 
 

solariyu | URL | 2008年05月02日(Fri)23:44 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。