パニック障害 旅に出る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざアンコールへ!! 前編

 五日目   4月5日(土) 

 さぁ!いよいよアンコール遺跡へ向かいます!!!
 この旅のメイン!!私がもっとも行きたかったところです。
 
 シェムリアップから約6キロのところにあります。
 シェムリアップからタクシー、バイクタクシー、トゥクトゥクを1日貸しきって
 アンコール遺跡を回るのが一般です。

 しかし!一般は嫌だ!ということで私たちは自転車を借りて回ることにしました♪
 彼は4年前くらいに一度アンコールに来ているので今回はガイド役です。

 いざ自転車に乗ってみると・・・・
 辛い・・・
 
 発症してから家にいる時期が長かったので、体力がかなりなくなってたみたいです。
 シェムリアップから6キロ・・・つらい!つらすぎる!!!

 日差しはきついし、車やバイクは乱暴運転で怖いし、道はガタガタだし、
 砂ボコリはひどいし・・
 しかも、ママチャリ!!(おそらく日本で不要になったのがこっちに入ってきてるんです。)
 つらい!つらすぎる!!
 途中、何度「もういい・・アンコールはもういい・・もうムリ!」とあきらめようと思った事か・・・
 
 しかし、30分後汗だらだらで着きました。
 目の前にアンコールワットがあるにもかかわらず、休憩・・・

 復活後、いざアンコール遺跡へ!!!

 アンコールはアンコールワット、アンコールトム、タ・プローム等といった遺跡が
 集まっているんです。

 まずはアンコール遺跡に入ってすぐの有名なアンコールワットへ!
 これは12世紀前半、アンコール王朝がヒンドゥー教寺院として建てました。

 入口

 長い石の参道を歩いて向かいます。 この時点でこの旅最大のテンション!!
 
 回廊

 上はアンコールワット内の回廊です。
 この壁、よく見ると・・・
 模様

 この様にすべてに彫刻が施されています。この技術すごいですよね。

 回廊は第一、第二、第三とあります。とても広いので今どこを歩いているか
 わからなくなるくらい。。
 ゆっくり見ていると、それだけで時間が経ってしまいます。
 しかも、周りは森なので景色がいい!しかも、風の循環が良いらしく風が入り込みとても
 気持ちがいいのです。
 ここで、ボーっとしているとずっといられそうな気がします。

 ところどころ老朽化して、欠けてしまった石や岩が落ちていたりするのですが、
 その石たちにも目を向けると・・
 石

 
 このような石も落ちています。おそらくデバター(女性像)のかけらです。

 アンコールワットを終え、次はアンコールトムを目指します!
 少し自転車で移動です
 
 続きは五日目Ⅱで!!

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へにほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アンコール!!

わ~!アンコールワットだ~!素敵!!

それにしても熱い中を
自転車で6キロとは頑張りましたね。すごいです!
でもママチャリで走ってる姿を想像すると面白いです(笑)

朽ち果ててきている遺跡を見ると、
なんともノスタルジーを感じますね。
私もいつか行ってみたいです。

よかったら、私のブログにリンクを入れても良いでしょうか?
もしよかったらでいいのでお願いします☆

*miho | URL | 2008年05月08日(Thu)18:02 [EDIT]


もちろんです!

 *mihoさんへ

 またまたコメントありがとうございます!

 ママチャリはほんとーに大変でした・・
 欧米の人達もママチャリ乗っていてアンバランスな
 感じがとってもおもしろかったですよ(^u^)v

リンクの件もちろんOKです!!
 私も入れさせてもらっていいですか?
 
 *mihoのブログを見させてもらって
 何気ない日常だけど、パニック障害があっても
 こんなにも普通の生活がおくれるんだって勇気
 をもらってます。

 しかし、始めてのブログなので、リンクするのが
 遅れてしまうかもしれません。
 ゆるしてください!

solariyu | URL | 2008年05月08日(Thu)23:51 [EDIT]


ありがとうございます!

リンク、早速貼らせていただきます。
お友達ができてすごく嬉しいです~♪

これからも末永くどうぞよろしくお願いします。
旅の続きを読むのが楽しみです!!

*miho | URL | 2008年05月09日(Fri)14:08 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。