FC2ブログ
 

パニック障害 旅に出る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全な薬なんかない

 今日は病院へ行ってきました。
 最近の体調の悪さから、パキシルを30㎎から20㎎へと少なくなりました。

 ちょっと暗いお話なのでしまっておきます。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ

 
 その原因は最近、うつらしい症状ができたからです。

 なんだかふとしたときに「消えたい」・「死にたい」って頭をよぎるのです・・
 日中仕事をしている時とかは思わないのですが、家にいてふと出てくるのです。
 そうなってしまったらその日はずーーっと沈んでしまいます。

 「要らない人間だ」と「生きて意味ないぁ」とずんずん沈んでいきます。

 でも、お仕事は楽しいし、元気な時もあるので、
 先生は「うつ」ではなく「うつっぽいかんじ」と言ってました。

 で、なぜ薬が減ったかというと、パキシルを30㎎に増やした時期と
 うつっぽくなった時期がほぼ一緒だからです。

 なんでも、パキシルとやら、うつ病やパニック障害に効く薬だけど、副作用として
 たまーーーに「自殺衝動」が出てくるとか・・

 なんでも2006年ごろ若年の成人で自殺行動のリスクが高くなる可能性があると
 発表したらしいです。
 でも、その理由は分かっていないとのこと。

 しかも、薬事法で「劇薬」に指定されていてそ、保管するときは他の物と区別しなければ
 いけないんですって。
 
 いつも簡単に処方されて、簡単に買って、簡単に飲んでいたけれど、怖いですね。

 薬なんて人のために人工的に作られているんですもんね。
 体に絶対安全な薬なんてない。
 改めて知らされました。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

僕もです

soraliyuさん、こんばんは。

僕もこの二週間くらい鬱傾向が強くなっていて
会社への道々、高いところ・線路・凄い勢いで走る車
なんかを見ながら、良からぬことを考える毎日でした。

僕も処方を変えてもらったのですが、合っていたみたいで
今週はだいぶ落ち着いています。

確かに薬は「自然治癒力」を押しのけて、化学の力で
人間をどうにかしようとするモノですよね。
やっぱり「不自然なもの」に「安全なもの」は無いのかも
しれません。

でも、それのおかげでひとまずいま楽になるなら
気にせず飲んじゃいましょうよ!
僕らの病気にとって「良からぬことを考える時間を過ごすこと」が
一番良くないことなんですから。

もんきち | URL | 2008年07月02日(Wed)00:09 [EDIT]


こんばんわ☆

 もんきちさんへ
お久しぶりです。
お返事遅くなりごめんなさい!

体調が良くなりよかったですね。

私は・・まだ分かりません。。
ちょっと不安定な日々を送ってます。


今回、いい面がだけでなく悪い面も見て薬のことをちゃんと知っておかなくてはいけないのだな。と思いました。
でも私達にとって薬は大切な存在ですよね。
大切さをかみしめて使っていきます。

solariyu | URL | 2008年07月05日(Sat)22:58 [EDIT]


はじめまして

私はパニック障害と鬱傾向にあると診断され、メインの薬の3種類を一週間ずつで試している所です。
私にはどれも変わらなかった気がしているので、少しでも副作用の少ないタイプを…と探しているうちにこちらにたどり着きましたm(__)m
でも、読ませていただいて納得です。今の症状を治す事だけ考えて先生を信じるしかないって…。

一緒にボチボチやっていきましょ~☆それでは

とーこ | URL | 2008年07月11日(Fri)08:09 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。